翻訳証明

2019/5/7

日本語で記載された次の証明書をフランス文で翻訳証明します。ご本人が直接窓口にて申請してください。

  • DIPLOME(4年制大学の卒業証明書)
  • CERTIFICAT DE FIN D'ETUDE(高校の卒業証明書)
  • CERTIFICAT DE NON-FAILLITE(無破産証明書・身分証明書)

 

必要書類

1. 申請書(用紙は窓口にもあります)
      ⇒ 【大学卒業証明書】(記載見本
      ⇒ 【高校卒業証明書
      ⇒ 【身分証明書・無破産証明書
2. 証明書の原本(卒業証明書、身分証明書など)
3. パスポート
4. フランス滞在許可証(申請中の場合は必要ありません)
(注)当事務所に在留届を提出済の方に限ります。当事務所管轄地域以外にお住まいの方は、当事務所にご相談ください。
 

【郵送による申請をご希望の方】

  • 上記必要書類のうち、3.パスポートと4.フランス滞在許可証はコピーを郵送し、原本は送付しないでください。
  • 証明書の受領は、来館のみとなります。 委任状を持った代理人の方でも受領していただけます。

手数料

証明書受領時に現金にてお支払下さい。

必要日数

3日間

参考事項

  • 当事務所で翻訳を作成できるのは、日本語の卒業証明書に限ります。英語の証明書、筒に入った卒業証書は取り扱っておりませんので、ご注意ください。
  • 上記以外の証明書(成績証明書、短期大学卒業証明書、残高証明書など)の翻訳証明が必要な場合は、法定翻訳家にご依頼ください。
  • 申請は原則としてご本人に限ります。 ただし、やむを得ない事情がある場合は、代理人を通じて申請できます。その場合は、ご本人が記入した申請書および委任状をご用意ください。