最近の行事報告

  • リヨン領事事務所活動報告(平成26年12月16日号【第6号】)

     

     在リヨン領事事務所長の小林です。フランスの街はクリスマスが近づくにつれ、道路が渋滞し、街行く人々も急ぎ足でそわそわしているように感じます。リヨンの街は普段の日曜日はがらがらなのですが、12月に入ると週末営業をするお店も増え、街は連日賑わいを見せています。フランスでは、クリスマスは家族と過ごし、新年は友人達と過ごす、というパターンが一般的なようで、その食卓を彩るのはどの家庭でもフォアグラと牡蠣のようです。フォアグラは全生産量の約80%がこの時期に消費されます。

     11月26日(水)、富岡製糸場が本年世界遺産に認定されたことから、在リヨン領事事務所では、「絹」が日仏黎明期に果たした役割にスポットライトを当て、リヨンの「絹」を介した日仏交流の豊かな歴史を、当地リヨンでフランスの皆様に御紹介したく、2015年度の文化行事として何かできないか目下検討中です。

     その一環で、アン県ジュジュリュー市のソワリ・ボネ絹博物館を訪問し、同博物館館長のナタリー・フォロン=ドーファンさん及びアン県議会副議長のジャン=ポール・ロデ議員の御案内で視察させていただきました。御説明によると、リヨンの絹産業は19世紀前半に工業化と共に全盛期を迎え、その頃がソワリボネ製糸場も最も賑やかだったとか。1855年に発生した蚕の病気以降、リヨンの絹織物産業は徐々に輸入生糸に頼る傾向となり、リヨンに向けて生糸の供給を行ったのが1872年開業の富岡製糸場ということだそうです。

     もちろん、その間には、全滅したリヨンの蚕を救うために日本産の蚕が持ち込まれたという交流の歴史もございます。これは、かつて、1970年代にブルターニュ地方で牡蠣ウイルスのため稚貝が全滅した際に、日本の広島産と宮城産の牡蠣の稚貝がその危機を救ったというお話と合わせて日仏産業友好協力の成功例として語り継がれています。

     ソワリボネは、富岡製糸場のモデルになった工場と言われ、ソワリボネ博物館には、当時の工女たちの生活の様子を記す資料がたくさん展示されていました。工女たちのお食事のメニューは栄養価の高いものが多く、工女の健康への配慮が感じられました。また寄宿舎も整備され、レクリエーションとして演劇や音楽といったものも提供されていたようです。展示物には、日本の浮世絵の影響を受けた型紙や日本の和服のようなガウンもあり、なんと1905年に高島屋が絹帯を発注した注文書まで保存してございました。

    (写真:ソワリボネ博物館の皆様とロデ議員、小林。大変丁寧な御説明を受けました。)

    (写真左:ソワリボネで働く工女たちのお食事の様子)
    (写真右:工女の食事のメニューです。6時にカフェオレとパン、8時半にカフェオレとリンゴジュース、お昼はビーフとジャガイモが多いようですね。)

    (写真左:奥のパネルが実際の様子で、ここで絹織物が作られ世界中に輸出されました。)
    (写真右:高島屋からの注文書)

     同日、続いて同じアン県のセルドン市を訪ね、当時富岡製糸場に納めた銅製品を製作した工場を訪ねました。工場は銅製品博物館も兼ねているようで、料理屋さんの厨房で目にする銅の打ち出しの調理具を多数目にしました。工場主であるモーリス・ゴアさんの説明によると、富岡製糸場で使った、蚕の繭を茹でて生糸を繰り出すための大きな銅鍋はここで生産されたとのこと。現在は、同工場は閉鎖しておりますが、当時富岡製糸場からの依頼で銅鍋を納入した際の契約書が今でも存在しているとのことで、早速拝見。手に取らせていただきましたが、日仏関係の端緒を記す歴史的資料の重さに手が震えました。なお、絹が導く日仏交流の歴史については、クリスチャン・ポラック氏のお書きになった『絹と光 知られざる日仏交流100年の歴史』(アシェット婦人画報社刊)という大作が網羅的で示唆に富んでいます。

    (写真左:富岡製糸場への納入を記した契約書の原本です。)
    (写真右:その他にも数多くの銅器具が展示されていました。)

     この日は、イゼール県ブラング市まで足を伸ばして、ポール・クローデルのお城を見学し、お墓参りをさせていただきました。ポール・クローデルは、外交官であり作家、1921年から29年に駐日大使として訪日、大正時代の日本に惚れ込み、渋沢栄一と協力して日仏会館を設立するなど、日仏交流に多大な貢献をされた方です。

     彼の代表作『朝日の中の黒い鳥』は、今日でも能評論として真っ先にあげられるもので、この作品にインスパイアされたフランスの能の愛好家たちが、2002年にクローデル城に特設の能楽堂を設けお能の公演を行ったとか。『朝日の中の黒い鳥』は、能の台詞を解さないクローデルが、肉体言語ともいえる能の表現からその深い意味を正確に汲み取った評論と言われています。

     因みに、私の外務省入省時には、京都・奈良への研修旅行というものがあり(一時期廃止され、最近復活したようであります)、海外で日本についての語り部となる外交官の卵に対して、日本文化の真髄を徹底的に叩き込むという素晴らしい経験をさせていただきました。クローデルの書斎に山のように積まれた日本に関する書物をしばし眺めながら、その研修旅行で企画された高階秀爾先生の講義で、『朝日の中の黒い鳥』が紹介され、クローデルがなぜこの題名をつけたかという御説明で、それが日本書紀に登場する八咫烏を指すのと同時に、自分の名前と「黒い鳥」が似ているからというエピソードを思いだしました。

     ポール・クローデルのお墓は、お城の裏手のひっそりとしたところにあり、そこはクローデルが生前、墓地の場所として指定していたところだそうです。なお、ロダンとの関係で苛烈な人生を歩んだ彫刻家カミーユ・クローデルは、ポール・クローデルの実の姉です。2015年はクローデル没後60年に当たり、当事務所は、クローデル博物館と協力しクローデルにゆかりのある日本文化行事を行うことを検討しているところです。

    (写真左:クローデルの書斎(生前時のまま保存)でクローデルの孫婿フランソワ・トュルロットさんと)
    (写真右:右から小林、ディディエ・ルベ・ブラング市長、フランソワ・トュルロットさん)

    (写真左:クローデルの墓前にて。日本酒をお供えしましたが、お飲みになったかしら。)
    (写真右:クローデルが晩年過ごしたお城。)

     11月28日(金)は、管内の第三の都市クレルモン・フェランを訪問し、同市を拠点に世界規模で活躍されているフランス富士電機を訪問し、工場を視察させていただきました。御説明によりますと、フランス富士電機の設立は、1995年4月、社員99名、電機・計測機器製品の製造販売を行っておられ、フランス国内シェアは15%以上。同社の強みは現地製造・販売拠点を核とした継続事業専業体制とか。石油・ガス高圧、高静圧差圧発信機は、深海油田の急増とともにオンリーワン製品として世界市場でその名が知られているようです。また原子力発電所ではリアクターに近いところからK1~K3と作業領域が分類されるのですが、富士電機では既にK3認定を取得し、アレバやアルストムからの受注も開始しているそうです。

    (写真:フランス富士電機のオリエ社長、三田副社長、中村技術開発部長と)

     引き続き、クレルモン・フェランで活躍されているピュイ・ド・ドームいちご会(日本人会)の皆様と意見交換をさせていただきました。現在クレルモン・フェランでは、日系企業の進出とともに、邦人数が年を追うごとに増加してきており、特に義務教育適齢期の子女をお持ちの御家族が増えてきているようです。これにつれて、子女に対する日本語教育として、日本語補習校の整備への需要が高まってきております。外務省としては、限られた予算で全世界の日本語補習校の運営をお助けしなくてはならないわけで、自ずと限界はあるのですが、よりよい制度の構築に向けて行政側が行うべきことはたくさんあると思っています。ローヌ=アルプ州、オーベルニュ州では、年々日本企業が増加しており、企業数の増加と日本語教育需要の増加は相関関係にあり、リヨンやグルノーブルと同じくクレルモン・フェランでも同様の課題と言えるようです。日本企業支援は、当事務所の活動三本柱の一つですので、今後外務本省としっかり議論をしていきたいと考えています。

    (写真:いちご会代表櫻井佐友里さん、補習校校長楠ともかさん、三田逸郎理事長、古賀忠雄ケネスさん、江東靖志さんと)

     12月3日(水)には、いよいよ本年最大の当事務所主催イベントである、天皇誕生日レセプションを開催しました。天皇誕生日レセプションは、世界中の外務省在外公館が実施する日本のナショナルデー・レセプションのことで、任国の行政、政治、経済、司法、教育、文化等各界の代表及び各国外交団をお招きし、天皇陛下と御皇室の弥栄をお祝いするレセプションのことです。入省以来、在外中は毎年欠かさず経験してきましたが、まさか自分が主催する立場になるとは、夢にも思っておりませんでした。

     小生のスピーチの後、主賓の仏日友好議連メンバーでカリュイール・エ・キュイール市長兼国民議会議員のフィリップ・コシェ議員に御挨拶を頂戴し、ローヌ県庁からはジャン=ルイ・アマット副知事がそれに続き、最後に横浜市の訪問のお陰で随分懇意になったリヨン市のカリン・ドニャン=ソージュ副市長に乾杯の御発声を頂きました。その他多くの周辺市長、ドュプイ・ローヌ=アルプ州軍警察司令官、ノラ・ベラ前労働・雇用・厚生大臣付特命担当大臣他多数のVIPの御出席を得、総出席人数は昨年と同程度の332名を数えました。着任後2か月半で迎える大型レセプションで、内心どきどきものでしたが、大盛会に終えることができ、今はほっと安堵で胸を撫で下ろしているところです。

     さらに嬉しかったことは、パリから多数の知己、先輩方が駆けつけてくれたことです。在仏日本商工会議所の瀧川功会頭、トヨタ・モータース・ヨーロッパの後藤重文社長、ANAの種村守之支店長、そして同郷の好で赤木曠児郎先生夫妻もお越し頂き、リヨン地域御在住の邦人の皆様、事務所のスタッフに強く支えられて、初めてのホストをお陰様でなんとか形だけでもこなすことができたような気がしております。

    (写真左:主賓フィリップ・コシェ議員のスピーチ、白馬村の地震被害に言及されました。)
    (写真右:カリン・ドニャン=ソージュ副市長に乾杯の御発声)

    (写真左:左からコシェ議員、アマット副知事、小林、ドニャン=ソージュ副市長)
    (写真右:会場の様子)

    (写真左:パリからおいで頂いた赤木画伯御夫妻、赤木画伯は、先般、仏芸術文化勲章に続き、仏学士院芸術アカデミーからヴェルダゲール賞を授与されました。)
    (写真右:商工会瀧川会頭、トヨタの後藤社長もパリから出席頂きました。)

     私のスピーチの内容は、日本、日本文化、日本人の心をいかに正確に理解するかを主題として、日本の産業技術、高度技術に内在されている思想を7つの例を提示しながらお客様と一緒にその共通性を考えていくという手法を取りました。

     その7つのエピソードには、岡山の中島プロペラ、TOTO、TOYOTA、HONDA、東京の岡野工業、青色LED、小松技術士のバイオプラスティック、を使わせて頂きました。

     それらを包含する観念は、製作者からお客様、あるいは人類全体を含む他者、他者を含む社会への思いやりであり、配慮であり、温かさであり、愛であると。この心の用い方の最たる例が「おもてなし」であり、これこそが日本を理解するためのマジックワードである、と。そして、この日本の「おもてなし」の心とフランスの技術・才能が通じ合い、融合し、化学反応を起こす時代がもうそこに来ており、それが、TOSHIBAが実証実験を行うスマートビルの「HIKARI」であり、コンフリュエンス地区のスマートシティーに他ならない、という趣旨を述べました。

     壇上からお客様の様子を見ていて、反応は上々でしたし、受けも良かったのではないかと思っています。

    (写真左:小林のスピーチの様子)
    (写真右:スピーチに聞き入るお客様の様子)

     今回、目玉企画を幾つか用意しました。一つは、ローヌ=アルプ州にある4つの姉妹都市の紹介です。横浜市(リヨンと姉妹都市)はラーメン博物館からラーメングッズと横浜市のパンフレット、つくば市(グルノーブルと姉妹都市)は、民芸品の和箒と日本酒2種とパンフレット、富士吉田市(シャモニーと姉妹都市)は富士山のポスターとパンフレット、そして白馬村(アヌシーと姉妹都市)は魅力溢れるパンフレットを、夫々提供して下さり、当事務所作成の解説パネルを付してお客様に紹介致しました。また、クレルモン・フェランのJANA合谷氏作成の折り紙の展示、さらには、パリのトラヤから御提供頂いた羊羹とお茶の試飲、そしてスピーチでも紹介した小松道男氏発明のバイオプラスチックの展示紹介、そして、来年の当地の目玉の一つ、「HIKARI」の模型展示も行いました。さらに、日本酒の試飲コーナーも設け、途中、ホップウッド祥子さんの琴の生演奏も行いました。

    (写真左:スマートビルHIKARIは来年5月完成。TOSHIBAのジェシカさんと。
    (写真右:横浜市の展示はフランクフルト横浜事務所三室所長にお手伝い頂きました。)

    (写真左:つくば市からは和箒を展示したところ、大変関心を呼んでおりました。)
    (写真右:富士吉田市と白馬村からは素敵なパンフレットを展示しました。)

    (写真左:ローヌ=アルプ州クラスター大使の小松道男技術士のバイオプラスティックは大きな関心を呼んでおりました。)
    (写真右:日本酒の試飲コーナーも設けました。)

    (写真:今年度の天皇誕生日レセプションを企画・運営・実施した在リヨン領事事務所スタッフ及びお手伝いをして下さった皆様。)

  •  

  • リヨン領事事務所活動報告(平成26年11月28日号【第5号】)

     

     在リヨン領事事務所長の小林です。今年も残すところあと一月になりました。リヨンの街ではクリスマスのイルミネーションが灯り始め、行き交う人々も幾分急ぎ足の様子です。最近のリヨンは、ぐずついた天気が続き、空が暗く低く、朝は8時頃から明るくなり始めます。いよいよ本格的な冬の到来です。

     11月14日(金) 在リヨン領事事務所主催の天皇誕生日レセプションの実施まで残り2週間強となり、リヨン所管地域の各界著名人への着任挨拶を精力的に行っております。この日は、午前中にリヨン商工会議所アンベルタン会頭に御挨拶をし、午後からは、リヨンから30キロ北にあるビルフランシュ・シュール・ソーヌ市を訪ね、ベルナール・ペリュ市長を表敬訪問致しました。ビルフランシュ・シュール・ソーヌは、日本でもお馴染みのボジョレー地方の中心地で、大変親日的なところです。一つにはボジョレーヌーボーの最大輸出国が日本であることでしょうが、それ以外にも理由がありそうです。市の助役とお話ししましたら、日本人観光客は大変マナーがよいので、日本人旅行者にはどんどんボジョレーに来て頂きたい、ボジョレー市民は日本人が大好きですよ、と言っておられました。ペリュ市長は国民議会議員を兼任しておられ、仏日友好議連の主要メンバーでもあられます。平成22年秋の叙勲では旭日中綬章を受章なさいました。来年度には、共同で日本関連文化行事を実施しましょう、と固い握手を交わしました。

     11月17日(月)辻調グループフランス校のシャトー・ドゥ・レクレールにお招きを受け行って参りました。辻調グループフランス校は、辻静雄氏が1980年に開校した料理学校で、辻調グループを卒業した上級者を対象にしています。これまで、約6000名の生徒が同校を卒業し料理の世界に羽ばたいています。当日は生徒さんのお作りになったお料理を頂きましたが、近所にあれば通いたくなるほど美味しいお味でした。あえて、リヨン市内ではなく、少し離れた場所のお城に学校を構えた辻静雄氏の考えがよくわかりました。それは、フランスの大地の恵みの豊かさを、より静かな環境の中で、季節を通してダイレクトに目に焼き付け、肌で感じ、耳で聞き、匂いを嗅ぎ、舌と胃で覚えるためだと思いました。若い頃から、辻静雄氏の本は愛読させていただいており、ピラミッドもポール・ボキューズもトロワグロも彼の書を通して知りました。『ワインの本』は今でも私の座右の書であり、「料理天国」は子供の頃に大好きなTV番組でした。お城の中を拝見していて、ふっと目の前に辻氏がおられ、椅子に座りワイングラスを傾けながら、秋のボジョレーの山々を眺めておられる様子が脳裏に浮かびました。

     11月19日(水)から、大きなミッションが始まりました。リヨンと姉妹都市関係にある横浜市一行の当地訪問です。横浜市とリヨン市は、今年姉妹都市締結55周年を迎え、佐藤祐文横浜市会議長を団長に、柏崎誠横浜市副市長、横山正人市議、斉藤達也市議、草間剛市議、そして関山誠国際政策室長以下、10名を超える市の代表団の方々、三室直樹横浜市フランクフルト事務所長、岸根囃子連の皆様、企業、学校法人の皆様計60名以上がリヨンにおいでになりました。さすがに日本を代表する国際都市横浜であり、内容の濃い横浜側プログラムにコロン市長以下リヨン市関係者は一様に感動しておられる様子でした。

     19日には、ボジョレーヌーボーの解禁レセプションが県庁で催されました。ボジョレーの解禁日は、11月第3木曜日と決まっておりますが、ボジョレー地方を有するローヌ県庁で行うレセプションだけは、その前日19時に世界に先駆けて抜栓し味わう特権を有しているとのことです。日本はボジョレーヌーボーの最大の輸入国であり、第2位は米国とか。会場にいた米国の領事に声をかけられ、1-2フィニッシュに乾杯をしました。そういうこともあり、来賓のお客様とお話をしても、日本人がいかにボジョレーヌーボーを愛しているかに話題が及びます。多くは、何故日本でこれほどボジョレーヌーボーが愛されるのかという質問ですが、収穫祭は日本にもあり、同じ農業国として理解されやすいお祭りだということと、何よりも日本人がフランス文化に親しんでいるということに尽きると説明しています。今回は横浜の皆様のお越しもあり、例年以上に日本にスポットライトが大きく当たったボジョレーヌーボーのお祭りでした。なお、今年の評価ですが、会場で何人かにお聞きしましたら、一様に、今年は9月、10月と天候に恵まれたのでコクのある美味しいワインであるとのこと。2014年は良い年のようでございます。

    (写真:左)左から関山室長、佐藤市会議長、コロン市長、斉藤市議、柏崎副市長、草間市議、小林

    (写真:右)左から草間市議、佐藤市会議長、ペリュ国民議会議員兼ビルフランシュ・シュール・ソーヌ市長、小林、コシェ国民議会議員兼カリュイール・エ・キュイール市長

     11月20日(木)には、佐藤横浜市会議長とコロン・リヨン市長の会談が行われ同席させていただきました。コロン市長が横浜市御一行を大変大切に接受されている様子を見て、横浜市とリヨン市の155年の長きに亘る交流の歴史と姉妹都市として55年という全国でも最長の歴史を有する絆の強さに感じ入りました。コロン市長は横浜とリヨンの交流姉妹都市締結55周年を記念したピンバッジが気に入られた様子で、いつも胸に付けておいででした。

    (写真提供:横浜市フランクフルト事務所)

     続いて、コロン市長主催の午餐会がリヨン市庁舎のボールルームで開催されました。小官は、左隣りにジェラール・コロン市長、右隣りにカリン・ドニャンソージュ国際担当助役、正面に柏崎副市長がおられるという大変光栄な配席で、緊張もございましたがコロン市長、ドニャンソージュ助役とは、着任表敬を終えていたので、打ち解けた雰囲気で接することができました。このような機会はめったにないと人間関係の醸成に懸命に努めた2時間半でした。コロン市長からは、最後に「貴官着任直後で多忙の様子であったが、貴官にとって良いスタートが切られたのではないか。リヨン市と貴事務所は一つのチームとして、仏日関係の発展に向けて努力していきましょう。」と声をかけていただきました。

    (写真提供:横浜市フランクフルト事務所)

     午餐会は、横浜市の岸根囃子連の披露で幕を開けました。コロン市長は岸根囃子の舞を大変に興味を持って御覧になられ、それぞれの仕草の意味するところをお尋ねになりました。絢爛豪華なシャンデリアで飾られたボールルームに、笛や太鼓の軽快な和の音色が鳴り響く様子は、違和感よりは不思議な調和性をより強く感じました。強い個性を持つ文化同士であるがゆえに、一方に染まらず偏らず、双方が凛として存在し、双方を高めているような気が致しました。

     着物の帯の着付けのデモンストレーションは、4mの絹の帯をどのようにして着付けるのか、コロン市長を始めフランスの方は、文字どおり興味津々の御様子で、パフォーマンスとしてこれほど関心を惹き付けるものも少ないと率直に感じました。リヨン第3大学で日本語を学ぶ女子学生にモデルをお願いし、プロの着付師の方が二人がかりであっという間に帯をこしらえる様子は、大きな折り紙を見ているようで、また着物の構造もよくわかり、外国人に対して強烈な印象を残したと思います。私は、横浜市の発想力と実行力に思わず唸りをあげました。

    (写真左:岸根囃子のパフォーマンス)(写真右:着物の帯の着付けのパフォーマンス)

     リヨン・横浜姉妹都市提携55周年記念午餐は、とてもよい雰囲気の中進められ、気が付くと予定終了時間を大きく超過していました。コロン市長は、その後に予定の行事があった御様子でしたが、焦る周囲の秘書官の耳打ちを受けても、もう少しいいだろうという感じで、横浜市や在リヨン邦人の皆様と最後の最後まで楽しく懇談をしておられました。

    (写真:左からガリアノ助役、柏崎副市長、佐藤市会議長、リヨン第三大学の学生さん、コロン市長、ドニャンソージュ助役)

     11月21日(金)には、横浜市経済セミナーが市庁舎で行われ、参加人数は70名を超えました。佐藤市会議長の御挨拶の後に、小官から来賓の御挨拶をさせていただきました。本セミナーは、横浜市、リヨン市、リヨン商工会議所、JETRO、ERAIが協力して成功に導きました。私は、TICADを通して、横浜市の魅力と実力に触れていましたので、柏崎副市長による、横浜市のプレゼンテーションは、真に説得力のあるものと感じました。

     横浜開港、絹貿易、リヨン、という3つの要素が一つになって、日仏友好156年の歴史の黎明期が作られたことは間違いありません。5年弱親しんだパリの生活と比べてもリヨンの心地の良さの源泉はどこにあるのか、はっきり理解できているわけではございません。日仏交流黎明期に私たちの先達が、絹に彩られたこのリヨンの町を歩き、今の私たちと同じように、ブッションやサンマルスランやフロマージュ・ブランに舌鼓を打ち、コート・ドュ・ローヌを愛飲したその様子が、歴史的遺品やエピソードとしてそこかしこにあり、しばしばそれに触れることができるということなのかなと最近思い始めました。先般ローヌ川沿いを散歩していて、川面に浮かぶ消えまた沸く渦を見て、フランスの横浜正金銀行リヨン支店に転勤していた永井荷風が『ふらんす物語』に残したそのままの景色を見つけ、その一瞬、懐かしさとも違う言いようのない感動に深く包まれました。

    (写真左:横浜経済セミナーの様子)
    (写真右:リヨン市立公文書館に保管されていたリヨンと横浜の姉妹都市締結式の様子)

     11月22日(土) 佐藤横浜市会議長に同行して、リヨンの絹市を視察いたしました。リヨンの人々にとって、絹は特別なものであり、誇りであり歴史そのものであります。

     22日は午後から、ペリュ市長からお招きを頂いたので、予定を急遽変更して、ビルフランシュ・シュール・ソーヌ市のボジョレーヌーボー祭に出席して参りました。ボジョレーといえばやはり日本ということで、司会をされるペリュ市長が、「我々の友人である日本の代表が来られました!」と紹介すると、4000名の市民の割れんばかりの大歓声を受けました。加えて、大変名誉なことですが、ボジョレーヌーボーの樽の封を木槌で叩いて壊す役割を仰せつかり、気持ちよく開栓をさせていただきました。その後は、大きな銀のプレートに並々と注がれたボジョレーヌーボーを来賓(中国総領事、シュズヴィル・ローヌ県議会議長、ミス・ボジョレー)で回し飲みをし、大地の恵みに感謝を致しました。ここでは、地元テレビ局のインタビューもあり、ボジョレー地方における日本の存在の大きさを再びかみ締めました。

     11月24日(月)は、リヨン国際学園のバカロレア授与式に出席いたしました。バカロレアとは、フランスの大学等の高等教育機関への入学資格試験のことです。そのバカロレアのうち、日本語で選択受験できる制度がありますが(OIBと言います)、それは限られた学校のみが資格を有しているとのことです。現在、有資格教育機関のうち、日本語OIBバカロレアの合格者を輩出した学校は、フランスでは4校しかなく、そのうちの一校がリヨン国際学園とのこと。なお、リヨン国際学園では、毎年数名の日本語のバカロレア取得者を卒業させています。

    (写真右:左から、リヨン国際学園日本語科の藤木由美子先生、阿部弘先生、今回見事にバカロレアを取得された柏木ダフネさん、山下さくらさん、そして主任教員の鶴﨑文子先生)

  •  

  • リヨン領事事務所活動報告(平成26年11月12日号【第4号】)

     

     在リヨン領事事務所長の小林です。リヨンはぐずついたお天気が続いておりますが、日一日と朝晩の冷え込みとともに日照時間が短くなり、冬の訪れを感じさせます。街路樹の枯れ葉が小道を覆い始め、テット・ドール公園には美しい紅葉が広がっています。懐かしい故郷の山々を思い出さずにはいられません。

     11月3日(月)リヨン市南部に隣接するイリニー市のJTEKT Automotive LYON(JALY)を訪問させていただきました。JTEKTは、主に自動車のステアリングの製作開発を行い、プジョー、シトロエン、ルノー、日産他にパーツの供給を行っておられます。高橋伴和JTEKTヨーロッパ社長、木村勉 Executive Director、Michel DURY JALY社長の御説明を受けて驚いたのが、日本の企業文化であるKAIZENの徹底です。フランスの幹部スタッフ全員が、「5S」「可動率(BEKIDORITSU)」「直行率(CHOKKORITSU)」「やり終い(YARIJIMAI)」といったタームを自由に扱い作業効率の改善に徹底的に取り組んでおられ、モノ造り日本のノウハウが、フランスで応用され実践されている現場に触れることができました。

     御説明によると、製造ラインを1m短くすることで生産に係る時間が1秒短縮されるということで、その結果、時間の節約は可動率を押し上げることに影響するとのことです。そのためにJTEKTでは、からくり(KARAKURI)という製造技術開発ユニットを設け、ラインを短くするために、様々な工夫をしてこられました。私の方から、フランス人のからくり技術者の方に、江戸時代の名工田中久重のからくり人形の話を持ち出しましたら、「よく知ってますよ」と笑顔で返されたのには驚きました。様々な努力で、2009年に83.5%だった可動率は、2014年には実に95.1%に改善されたとのことでした。

     リヨンはパリに負けず劣らず芸術の街であり、多くの日本人アーティストが活動をしておられます。在リヨン領事事務所のミッション3本柱の一つは文化外交です。それは、一方においては日本文化の正しい紹介、優れたコンテンツを生かした世界に誇るべき国「日本」の宣伝であり、他方おいては日本人アーティストの活動を側面支援することです。そのためには、パリにある日本文化会館(国際交流基金)との連携も一層模索していかねばなりません。

     11月6日(木)は、御招待を受けましたので、リヨン市内の画廊通り(rue Burdeau)で行われた、2名の日本人アーティストのベルニサージュに夫々出席させていただきました。

     日本人アーティスト立川素子さんの素晴らしい作品は、ベス麻里さんの画廊「Galerie48」一杯に飾られており、蘭をモチーフにそれらの作品からは花の香りが漂ってきそうな気がいたしました。また、正岡子規等の俳句を題材に作られたアーティストブックはポンピドーセンターをはじめ、仏国内の多くの図書館に所蔵されているとのことでございました。(写真左: 中央が立川素子さん)

     また、同じく日本人アーティストMIKI NAKAMURAさんは、ユネスコの無形文化遺産への登録が期待されている和紙を用いた芸術で、指先を使って和紙を丁寧にほぐし伸ばしていき、見事な作品に作り変えていきます。画家である御主人様とのコラボも大変素晴らしく、来られていたフランス人からは一様に感嘆の声が漏れていました。(写真右)

     同じく11月6日(木)、Vaulx-en-Velin市立Charlie Chaplin文化センターで行われた、日本人振付家、後山阿南さんの主宰カンパニー「AToU」の新作「Mille Oasis」の公演に、御招待を受け出席させていただきました。また、この機会に、茶道のデモンストレーションと翌7日(金)に石田郁男氏による俳句と短歌の講演会もあわせ行われました。リヨンは、コンテポラリーダンスの世界ではメッカの一つになっており、隔年9月には、リヨン・ダンス・ビエンナレが開催されます。2012年から稀代の振付師ドミニク・エルヴェ氏が芸術監督となり 、今年は30万人が鑑賞、グランドフィナーレには、エルヴェ氏の即興の振付で1万人以上が一緒にダンスを行うという大スペクタルであったとか。後山阿南さんのダンスは、門外漢の私にも十分伝わるほど情熱的で躍動的で切なく複雑でした。台詞はなかったはずなのに、しばらくの間芝居を見たような余韻が残ったのは、表現力が言語を超越していたからなのでしょうか。

     11月8日(土)、リヨン小原流いけばな協会と当事務所が共催で実施する、いけばな展示会「Fleur d’Or Lumière d’Automne(菊―秋の光)」のベルニサージュに出席致しました。リヨンいけばな協会の歴史は古く、1972年にリヨン隣接市カリュイール・キュイール市に設立され、リヨン地域で一番長い歴史を持ついけばな協会として、いけばなの普及・促進に努めてこられました。現在会長を務めておられるMme Mireille MARTINは、小原流4級家元教授資格所持者です。いけばながなぜこれほどまでにフランス人の心を捉えるのか、出席された方にお尋ねしたら、哲学的だからという答えが返ってきました。調和的であり、禅に繋がる心の動き、草花への愛情、対象への心配り、そういうことを言っておられるようです。私も挨拶の中で、「花は心の鏡」という言葉を紹介し、いけばなの深さを御説明するとともに、日本人の美意識について解説致しましたが、どれもこれも皆様には周知の事実であったようで、知ったかぶりもほどほどにせねばと、赤面してしまいました。

    マルタン会長(写真右)とコシェ国民議会議員兼カリュイール・キュイール市長(写真左)、見事な龍のいけばなです。

     今回の展示会は「菊―秋の光」とあるように、菊をフィーチャーした展覧会でした。菊は天皇家の御紋であり、日本では特別の花であるということをお話しましたら、フランスでも同じですと。11月、日本ではお彼岸に菊のお花をお供えすることが多いですが、同じ11月にフランスでもトゥッサンというお彼岸に似た行事があり、そこで使われるのは専ら菊だそうです。さらに、フランスでは菊の交配についても大変熱心で、日本では見たことのないような様々な種類の菊が紹介されていました。

     また、同席頂いたカリュイール・キュイール市のフィリップ・コシェ市長は、国民議会議員を兼任されており、国民議会議員で作る日仏友好議員連盟のメンバーでおられます。前日の7日(金)に表敬訪問をさせていただいたところ、我が国に対する並々ならぬ友情と敬意、そして関心を述べておられました。カリュイール・キュイール市は、閑静な住宅地が広がる静かな町です。この町を有名にしたのは、レジスタンス運動の指導者であり、フランス人の誇りである、ジャン・ムーランが、この町でゲシュタポに捕まったからでしょう。今でもその家は博物館として保存されているそうです。ゲシュタポの拷問に耐えたジャン・ムーランは、ベルリンへの移送の車中で絶命、後に、シャルル・ド・ゴールは、ジャン・ムーランに敬意と栄誉を表し、国葬で彼の死に報いました。

     11月8日(土)午後から、リヨン郊外のコンベンションセンターで2日間に亘って開催された「JAPAN TOUCH」に行って参りました。JAPAN TOUCH は、今回で16回を数えるもので、別称でSalon de l’Asieと名打っております。主催者のJean-Pierre GIMENEZさんのお話を伺うと、2013年は入場者数23000人、今年は30000人を越えるだろうとのこと。スタッフは総勢150名で殆どがボランティア、そういうこともあって、これ以上大きくすることは考えていないとか。形態は欧州最大の日本コンテンツイベント言われるJAPAN EXPOと酷似しており、伝統的なものからポップカルチャーまで、正にありとあらゆる日本文化のコンテンツが紹介され、また商品として販売もされています。説明によると、他のアジア諸国のものは、比率で言って3割程度、大半が日本のもの。目に入ってきたものだけでも、盆栽、和服、ラーメン、日本酒バー、たこ焼、お好み焼き、焼きそば、座布団、マンガ、アニメ、カラオケ、折り紙、書道、コスプレ、ゲームカード、合気道、柔道、空手、チャンバラ、日本をテーマにしたファッションショー、日本刀、武具、相撲大会、ゲームセンター等々、フランス人の我が国への関心の高さは計り知れません。この熱気をなんとかして外交で使えないか、会場を歩きながらずっと考えていました。

     御家族連れも多く、お父さんはマジンガーZやグレンダイザー、ガッチャマンで育ち、お母さんはキャンディキャンディ。そして彼らの子供は、NARUTOやONE PIECEに夢中であるといった二世代に亘るアニメファンもおられるようです。また、日本の領事と聞いて、どうしても日本語を勉強して日本に住んでみたいと懇願する若者もおられました。フランス人が愛する宮崎駿監督の世界観で言えば、カリオストロは南仏に必ずありそうな町であるし、ハウルの動く城はコルマールの街そのもの、そういう身近さが受けているのではなく、日本独特な雰囲気、例えば千尋が働いた温泉旅館やもののけ姫のシンとした森の雰囲気、これがフランス人の心を捕らえて離さないのではと思いました。日本に対する関心、日本文化に対する憧れ、日本語を使いこなしたい、そういうフランス人は世代を超えて増えています。在リヨン事務所では、一人でも多く日本ファンを増やしていきたいと考えており、コンテンツ外交をいかに展開していくか、今後検討を重ねていきたいと思っています。

    (写真:左)主催のジムネズ氏と、福岡から来られたMISS JAPONのお二人。MISS JAPONは2000年から日本の和服を通した日本文化の紹介をされており、昨年のJAPAN TOUCHにも参加されたとのこと。また来年もリヨンでお会い致しましょう。

     11月11日(火)は、第一次世界大戦の戦勝記念日として、フランス全土で祝日になるとともに、第一次世界大戦で犠牲になった方々への御冥福をお祈りする行事が各地で行われます。リヨンでも、ジェラール・コロン市長主催の行事がテット・ドール公園で行われ、招待を受けたので出席して参りました。トリビューン(貴賓席)に到着し、日本の席として案内されたのが中央の前から2列目というVIP席で、他所の国の総領事を押しのけて私ごときがと躊躇しましたが、指定席なのでやむなく着席しました。ラ・マルセイエーズ斉唱、退役軍人への褒章、要人挨拶等々と行事は進みました。その間、様々なことが脳裏をよぎりましたがある記事のことを思い出し、カクテルもほどほどに事務所に戻って保存していた記事を探しました。それは、以前パリ勤務時代によくお話を伺った産経新聞の山口昌子記者がお書きになった記事で、第一次世界大戦末期に、日本は日英同盟を受け、地中海に海軍を派遣、マルタ島には70余名の日本海軍の戦没者を祭った墓碑がある、という内容のものでした。たかが席の順番ですがされどの世界が外交。長い歴史の延長上に今の自分たちがおり、繁栄を享受しているということを改めて思い知りました。そして、二度と我が郷土を焦土にさせない、とのいつもより強い口調のコロン市長のスピーチに込められた思いを自分なりに共有しました。第一次世界大戦のフランスの戦死者は約140万人(当時人口4000万人)、フランス各地を旅すると、各村に第一次大戦従軍兵の墓碑があることに気が付きます。

    11月12日(水)、ジェラール・コロン・リヨン市長(兼上院議員)を表敬訪問し、着任の御挨拶をしました。これからのリヨンと日本との関係について意見交換をさせていただきました。

  •  

  • リヨン領事事務所活動報告(平成26年10月31日号【第3号】)

     

     在リヨン領事事務所長の小林です。当事務所の10月後半の活動の様子を御案内させていただきます。早いもので、今年も残り2か月、リヨンでは10月半ばまで比較的温かい日が続いていましたが、霜月が近づき、落ち葉の数も増え、朝晩には寒さも感じるようになってきております。日本では木枯らし一号が吹いたようですね。フランスでは、先般冬時間に変わり、本格的な冬がもうそこまで来ています。

     10月18日(土)、リヨンに隣接するビルバーヌ市の日本語補習授業校を訪問させていただきました。日本語補習授業校は、日本人学校がない国や地域において、日本人子女教育の一環で、日本語の補習授業を行うものです。在外に住まれる御家族にとっては、大変貴重な存在で、補習授業校の授業にかかる経費負担の一部助成を日本政府は行っています。リヨン地域の邦人数は年々増加傾向にあり、現在既に3200名を超えています。リヨン事務所管内には、リヨン補習授業校、リヨン・ジェルラン補習授業校、グルノーブル補習授業校と3つの日本語補習校があり、今回はリヨン補習授業校に招いていただきました。

     リヨン補習授業校は約60名の児童生徒を抱えます。小学校準備学級から中学校まで全ての教室をお邪魔して子供たちと楽しくお話をさせていただきました。御案内頂いた北田千雅子校長先生、マレ比彩乃先生のお話では、生徒の数が年々増えてきているようで、増加傾向を担っているのは主にビジネスマンの海外赴任であり、世代的にも小さなお子様をお持ちの御家族が赴任されてこられるケースが多いとのことです。フランス第二のビジネス中心地である当地リヨンでは日本語補習授業校は今後益々その役割が求められていきます。

    (写真左:生徒さんからインタビューを受け、楽しい時間を過ごしました。)
    (写真右:小林所長からは、外交官という仕事について説明をさせていただきました。ちょっと難しかったかな?)

    (写真左:準備学級の生徒さんに優しく指導される先生の純粋さとそれに応える子供達の笑顔が印象的でした。)
    (写真右:目の不自由な方への労りの気持ちを仮想体験通じて学んでいるところです。)

     10月19日(日)、フルム・ド・モンブリゾンというブルーチーズで有名なモンブリゾンで「第3回漫画・コスプレ祭」が開催され招待を受けて行って参りました。モンブリゾンはリヨン西方75キロにあるロワール県のコミューンで、人口16000名ほどの小さな町ですが周辺地域の中高校生がモンブリゾンの学校に通うため、昼間は一気に若者人口が増えます。3年前から、若い世代をターゲットに実施されてきたこのお祭りですが、規模が年々拡大し、今年は2日間にわたり延べ1400人の入場を数えるまでに成長しました。

     内容も、モンブリゾン出身で日本滞在歴もある漫画『HEAT-TRICK』の原作者シャザル兄弟のサイン会から、コスプレ大会、合気道の演武、書道教室、オーヴェルニュ日仏協会(JANA)副会長で折り紙創作家の合谷哲哉さんによる折り紙教室や同協会会長の合谷麻容子さんによる俳句教室、ゲームコーナーや無料指圧マッサージコーナーまでございました。ここでは若者を魅了する日本文化のコンテンツの奥の深さと幅の広さを染み染みと感じました。文化外交はコンテンツと発信手段の掛け算だという話を聞いたことがございます。日本はコンテンツについては問題ないわけで、後はそれをどのように発信させるかということが鍵になると思いました。

    (写真左:この祭の為に作られた手作りの日本庭園)
    (写真右:バジル・モンブリゾン市長とブルトン・サヴィニュー市長に、折り紙技術が人口衛星の折りたたみ太陽パネルにも応用されていることを説明)

    (写真左:コスプレ大会に出場されたコスプレイヤー達と、左はバジル・モンブリゾン市長、右はブルトン・サヴィニュー市長)
    (写真右:日本語の奥深さを流暢なフランス語で説明する合谷夫人、皆さんとても真剣な眼差しです)

     10月20日(月)、リヨン市コンフリュエンス地区(市南部の再開発地域)をTOSHIBAJessica BOILLOTさんの案内で視察致しました。同地区では、スマートシティの実証実験が行われています。その中でも注目されるのが、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)とTOSHIBAが行う、隈健吾氏設計の複合エコビル「HIKARI」の実証実験です。来年5月の開始に向けて着々と準備が進んでいます。御説明によると、一般的な都市において、家屋・建築物による消費が全エネルギー消費量の約70%を占めており、ここをできるだけ抑え込むことで、効率的な省エネが実現するということです。リヨンが進める「グラン・リヨン計画」とオランド大統領が進める環境政策がリンクして、2020年以降を見据えた大変パワフルなエネルギー政策となっています。「HIKARI」では、全使用エネルギーの15%を太陽光から取り込み、83%を木材使用のコージェネレーションで暖房と発電をまかなう、エネルギー使用量より発電量の方が大きい世界初のポジティブ・エネルギー・ビルとのこと。その上で、各戸にノートパッド(スマートボックス)を設置し、各戸毎の電気、水道、ガスの使用の可視化を行なう、正に徹底したエコ環境であり、正しい近未来の姿であろうと思います。あるフランス人の、「日本人は日本に対して悲観的過ぎる、こういう技術力は日本が最先端であり、近未来型エコ社会のモデル提示が可能な国は日本なんだ」、という発言を聞いて、とても元気が出ました。

    (写真左:コンフリュエンス地区のビル、斬新過ぎて万博パビリオンのようです。)
    (写真右:後ろが建設中のHIKARI、隈健吾先生の設計です。)

     10月24日(金)、パリ出張から戻った翌日で体力的には厳しいところでしたが、お誘いを受けましたので、アン県のブレ(リヨン市から東方70キロ)を訪問、ジムネーズ・ブレ市長を表敬し、同市にお住いのトゥフレ夫人の御自宅に招かれ、手作りのお昼ご飯を御馳走になりました。トゥフレ夫人は、長く同地方の日仏協会の会長を務められ、2011年には外務大臣表彰、2013年には仏の国家功労賞を受賞された日仏交流では大変な恩人でございます。

     ブレ市は、美食家ブリヤ・サバランの出身地で有名なところで、市内にはサバランの像が建立されています。その像を見ていると、口をへの字に結んだサバランが、「ふだん何を食べているのか言ってごらんなさい、そしてあなたがどんな人だか言ってみせましょう」という有名な言葉を言い出しそうです。因みに像の周りを囲む子供たちは、この土地の特産物であるワインとジビエと鱒を手にして踊っています。

    (写真左:ブリヤ・サバランの像の前で日仏交流の功労者トゥフレ夫人と)
    (写真右:リヨン商工会議所のボールルームの天井壁画。リヨン発展歴史を見事に語っています。ここは欧州最古の証券取引所です。)

     10月27日(月)は、幾つか表敬をこなした後、リヨン経済開発公社のドゥ=シリー総裁、そしてリヨン・オペラ座ドルニィ支配人にお会いして色々とお話を伺うことができました。リヨン開発公社はリヨン商工会議所の内部組織で、リヨン地域への海外投資の促進や、産業政策提言を行っています。リヨンは、欧州最古の金融取引所があり、古くから絹を代表とする織物産業の中心地として栄えました。同総裁の案内で商工会議所内を視察致しましたが、その際ボールルームの天井画について説明を受けました(右上)。お解り辛いかもしれませんが、絵の下方中央にライオンが左向きに座っており、そのライオンは、リヨンの象徴です。ライオンの左に横たわる女性は女性名詞であるソーヌ川(la Saône)を現し、右に横たわる男性は男性名詞のローヌ川(le Rhône)を表します。そのソーヌとローヌが交わるところにリヨンが生まれたということを意味しています。そして、その上に向かい合っている人物の左側は中国人で、右側がリヨン人だそうで、絹の交易は古くシルクロードに遡ります。

     今年、富岡製紙場が世界遺産指定を受けましたが、1872年に官営模範工場として設立した当初の技術指導をしたのはリヨン近郊ボネ絹織物工場の技術者たちでした。近代日本の殖産興業の主要輸出財は絹であり、絹が結んだ日本とリヨンの関係は強靭なものとなり、明治17年(1884年)に在リヨン領事館が開設、昭和9年(1934年)に閉館するまで重要な役割を果たました。そして、2003年1月に在リヨン出張駐在官事務所として、約70年ぶりに日本政府の外交機関が再設置され、2014年8月には名前を在リヨン領事事務所と変え、今日に至ります。

     私ども一同、邦人社会に密着した領事事務所を目指しておりますところ、リヨン近辺にお住まいの方、リヨンを旅行中の方、街中でこの看板をお見かけになったら、どうぞお気軽にお立ち寄りください。外国でひっそりと佇む日本がそこにはございます。

     リヨン管内には、多くの日本企業が存在し、現在140社を超えております。当事務所の重要ミッションのひとつとして、日本企業支援を挙げており、リヨンという経済・産業の中心地と日本がさらに関係を強化していくために、多くの方と意見交換をし、知恵を絞り、具体的な行動を重ねて参ろうと思っております。

     これまで、10月9日(水)にダイキン・ケミカル・フランスを訪問、入江正樹技術部長の御案内で工場を視察し、意見交換をさせていただき、10月21日(火)には、ミヨシ・ヨーロッパを訪問、高橋哲也技術部長の御案内で化粧品の基礎素材の工場を視察しました。同日午後には、住友ケミカルを訪問、藤本光昭企画技術部長他と長時間に亘る意見交換を行いました。

     10月28日(火)には、進出日系企業最大手の一つ東レ・フィルム・ヨーロッパ(TFE)を、松本新吾副社長の御厚意で訪問させていただきました。フランスやヨーロッパ各国で口にする袋菓子の包装袋はここで作られてヨーロッパ中に出荷されています。コンピュータ制御されたヨーロッパ最大と言われる巨大なラインを通ってアルミ蒸着されたビニルが作られていくさまは、モノづくり大国日本の本領発揮ということで、唸る機械に逞しさを感じました。約500名のフランス人が働くこの工場では、日本的な運営管理が実施されており、工場内は整理整頓いわゆる5Sが徹底されています。それだからこそ、ミクロン単位の作業が可能になるわけで、140年経って今度は日本の技術がフランスで開花したのだなと思い、日仏交流の深さを実感することができました。

    (写真左:東レの皆様と御一緒に記念写真を撮らせていただきました。左端が松本副社長、中央が寺本正行副社長です。)

     

  • リヨン領事事務所活動報告(平成26年10月15日号【第2号】)

     

     在リヨン事務所長の小林龍一郎です。お陰様で着任して1箇月が経過致しました。海外転勤が多い外務省の職員の間では、新しい土地に自分が馴染んでいく節目を「3日-3週間-3箇月」と言うことが良くあります。 私の場合も同様に、3週間目を超えた当たりでちょうど新居も整い、朝食を取りながら窓の外の景色を眺める余裕が出てきました。私にとって3箇月目はちょうど年の瀬に当たる頃でしょうか、何を思って今年を終えることになるか、後悔のないように今この瞬間を粗末にせず、日々職務に専念したいと思っています。

     順調に日程をこなし、在留邦人の皆様や地方自治体の関係者への御挨拶や集会や文化行事での突然のスピーチ依頼にもかなり慣れて参りました。フランス語は使っているうちに思い出すもので、万事、場数がものを言うものだと最近つとに感じております。 今でも時々見る悪夢がございます。約二十年前、在外語学研修をリヨンで行った頃の話です。生まれて初めて単身放り込まれたフランス人の夕食会で、完全なアウェイの中、話題が何なのかさえ理解できず、話に割り込む語学力も勇気もなく、ひたすらパンをちぎって丸めていました。 そしてその夕食会では、最後までパンの形が変わることはあっても、テーブル・ランゲージがフランス語以外の言語に変わることはありませんでした。社交とは実に厳しい世界です。あの恥ずかしい思いを二度と繰り返したくないという気持ちが、それ以後の語学の励みの原動力になったようです。

     10月7日(火)茶人森宗勇先生がリヨンを訪問され、リヨン第三大学で茶道についての講演及びデモンストレーションを、渡辺園子さんを始めとするリヨン日本人会の協力を得て開催、大盛況に終わりました。リヨン第3大学には日本語学科があり、多くの生徒に集まっていただきました。講義に耳を傾ける学生の真剣な眼差しが印象に残りました。学生に話を聞くと、茶道と禅の密接不可分な関係を理解した上で、その精神性、哲学的側面に関心が集中しており、フランスの日本文化への理解の深さは計り知れないと強く感動しました。

     森先生がお茶を点てる時には、文字通り全員が息を殺し巨大な静寂が訪れます。私は、ここが100名を超える生徒が集う大教室ではなく、日本の茶室にでもいるかのような錯覚を感じました。私からは、日本の文化ともいえる「おもてなしの心」は、茶の湯の精神でもある「一期一会」から来ているということを学生に説明しました。

     10月11日(土)には、在リヨン日本人会総会が開かれ、出席して参りました。リヨン領事事務所所管地域の在留邦人数は平成26年度統計で3100名を超えており、その多くがリヨン市周辺に在住しておられます。 縁あってここリヨンで一緒に暮らす日本人同胞の皆様が豊かで安全な暮らしを送られますように、在リヨン領事事務所は一生懸命お役に立ちたいと思っています。最近の傾向としては、日仏のカップルがとても多いということです。 フランス社会に飛び込み大和撫子として奮闘しておられる日本人女性、あるいはフランス人の奥様と一緒に幸せを掴もうと頑張っておられる方々、そして可愛らしい子供たち、彼らを見ていると、日本とフランス両国の友好の結晶を目の当たりにしているような気がいたします。 日本人がフランス社会で生きていくには、当然数々の御苦労がおありと想像しますが、どうか末永くお幸せをと願う気持ちでいっぱいになります。

     10月14日(火)は、御招待を受け、リヨンから南方約30キロ、ローマ遺跡で有名なヴィエンヌ市にある「サン・シャルル学園」を訪問致しました。ここは、幼稚園から高校以降の高等教育機関までの私立校です。 日本語のクラスに参加させていただき、一緒に勉強をさせてもらいました。親睦会では次々と生徒さんが話しかけてきて、質問攻めにあいました。

     日本語は確かに難しい言葉ですが、メリットはたくさんあります。日本ほど外国の図書を翻訳している国はないし、マンガだって原文で読める、マンガは80年以上前からあって一生かけても全部読めない、そして何よりも、「大和の言葉の美しさが日本の文化そのものである」こと、表意言語の特徴等々説明しました。なぜ日本語を学んだのか逆に質問しましたら、一人の中学生から三島由紀夫の『潮騒』を読んで感動したからと答えられ、これにはうなりました。

     1箇月の間、ひたすら感じたことは、フランスにおける衰えることのない日本ブームであり、4年前と比較しても、日本愛好家がどんどん増えているということです。どうしても日本に行ってみたい、という気持ちで日本語を習い始める子供たちは多いです。そういう外国人を受け入れる日本が、いつまでも優しく親切で魅力に溢れた国であり続けてほしいと心から願いました。

     

  • 在リヨン領事事務所活動報告(平成26年10月1日号)

     

     在リヨン事務所長の小林龍一郎です。9月16日にエチオピアから当地に着任し2週間が経過しました。その間管内の多くの方に御挨拶をさせていただき、またお話を伺うことができました。これからも自分の役割と立場をわきまえて、誠心誠意任務を全うしようと思っております。また所員一同力を合わせ、皆様のお近くでお役に立てる在リヨン領事事務所を目指しますので、どうかよろしくお願い致します。これから定期的に当事務所の活動の様子をホームページに掲載させていただきます。皆様からの御意見等ございましたらお気軽に御連絡下さい。

     さて、第一回の今回は、9月30日に行ったグルノーブル出張を御報告致します。グルノーブル市は、昨年11月につくば市と姉妹都市協定を締結、リヨン事務所管内では4件目の日仏姉妹都市となりました。グルノーブル市とつくば市は、科学技術・最先端技術の開発研究について、世界に知られた学術都市です。29日から、グルノーブル市MINATECにおいて、第3回科学技術都市ハイレベルフォーラム(GIANT)が開催され、つくば市からは市原市長を代表団長として、産業技術研究所中鉢理事長、物質・材料研究機構潮田理事長、筑波大学吉川副学長が参加され、両市の協力関係が更に強化されました。

     専門家のお話を伺い、科学技術の最先端を行く国は、依然として日本であり、フランスであることが再確認され、「タッグを組める相手は貴国(日本)だけ」という言葉に、わが国がもの造り大国として、堂々と胸を張っていけるという確信と自信が漲り、それを支える研究者の方に感謝の気持ちが強く芽生えました。経済規模では日本は第3位になったのは事実ですが、わが国が、経済力を支える深い部分で一歩も譲らぬタフさを持っていることに、一人の日本人として誇りを感じました。今回植樹をしたつくば市の木であるけやきの木が、太く大きく成長していくように、日本とフランスの絆と協力関係がより一層強くなることを願い、我々もその努力を続けていきたいと思います。

    左の写真右から、MINATECジャン=シャルル・ジルベール所長、私、つくば市市原健一市長、産業技術研究所中鉢良治理事長、同岡谷重雄審議役。岡谷審議役は、20年前、私が外務省国際科学協力室の研修生時代に、科学技術庁の幹部として御活躍、当時大変よく指導していただきました。今回19年振りにお目にかかることになりました。
    右の写真は、左から市原つくば市長、エリック・ピオレ・グルノーブル市長、私。

     グルノーブル出張の機会を利用して、フランスを代表する映画研究所のひとつ、グルノーブル・シネマテークを訪問、ギヨーム・ポレ館長と日本映画祭の実現に向けて意見交換をしました。館長のお話では、日本映画は、黒澤、小津、溝口から最新のアニメまで、あらゆるジャンルで各層から広い支持を得ており、フィルムを通して日本人の思考や文化、生活習慣にまで関心が及んでいるとのこと。日仏文化交流の手段として映画を使わない手はないと強く確信しました。

     続いて、リズ・デュマジ・グルノーブル第三大学学長を表敬させていただきました(写真左)。グルノーブル第三大学では、東先生、竹内先生による日本語講座が開設されており、日本語は、他のアジア言語と比較しても第3外国語として学生の間で大変な人気とのこと。日本語を学ぶことで、言葉に内在する哲学、歴史、文化を知ることになり、知日家、日本ファンを育てることに繋がります。日本語は高いサラリーを得るために習得する言語ではなく、文化的に豊かに生きていくために日本語を学習する学生がいる、というお話には納得しました。グルノーブル第三大学の日本語講座では、筑波大学から留学されている学生の皆さんがお手伝いをされており(写真右)、元気で明るいお姿がとても印象的でした。

     

  • 過去の行事報告はこちら